WiMAXはどこがいい?アパートでインターネットを使いたいんですが…

フレッツ光などのネット回線に比べて

 

月額料金が安いし、工事も不要

 

ということで、アパートで独り暮らしの方などは、ネット環境を作るのに、WiMAXを選ぶ方が増えてますよね。

 

ただし、サービス提供会社(プロバイダ)もいっぱいあるので

 


どの業者を選べばいいの?

 

っていう方も多いようです。

 

そこでここでは、アパート住まいの方が、WiMAX(ワイマックス)でネット契約をする時の会社の選び方をまとめみました。

 

WiMAXのプロバイダを選ぶ時のポイント

 

まずは、WiMAX2+が繋がるエリアか確認

 

WiMAXよりも、圧倒的に速い通信速度が出るのが「WiMAX2+」(ワイマックスツープラス)です。

 

しかも、2015年からは、旧型のWiMAXを低速化して、その分、WiMAX2+を、より高速にする計画が進んでいます。

 

なので、自分の住んでいるアパートが、まだ「Wimaxが繋がるエリアなのかどうか」わかっていない方は、まずは

 

「Wimax2+が繋がるエリアなのかどうか」

 

を確認しましょう。

 

以下のサイトで、WiMAX2+のサービスエリアの確認が出来ます。

 

WiMAX2+のサービスエリアを確認

 

アパートのある県をクリックすれば、

 

WiMAX2+ サービスエリア調査のための日本地図

 

 

その地域の地図が表示されるので、あとは、拡大縮小したり、地図をスクロールしたりして、WiMAX2+が繋がるエリアを確認することが出来ます。

 

WiMAX2+ サービスエリア調査のための地図

 


濃いピンクになっている地域が、WiMAX2+が繋がる地域です。

 

そもそも、なんで提供会社がいっぱいあるの?

 

WiMAX2+は、通信キャリアで言うと、KDDIグループの「UQコミュニケーションズ」という会社さんが提供しています。

 

ですが、ほかの事業者も「UQコミュニケーションズ」から、回線を借りるという形で、サービスの提供できるようになっているんですよね。

 


回線を借りてサービスを提供する会社のことを「MVNO事業者」と言います。

 

ネット回線を借りて、サービスを提供してるので、どの会社と契約しても、基本的には、速度や容量制限といったような通信の品質は変わりません

 

ただし、初期費用や月額料金などの料金面や、端末を即日発送にしたり、解約を電話だけで出来るようにしたりする、などのサポート面は、各社で自由に決められるようになっています。

 

つまり、申し込む会社を選ぶ時は

 


料金やサポート体制に着目して選ぶのがいい

 

ということになります。

 

WiMAXのおすすめプロバイダは?

 

2年間の費用の総額やサポート体制、信頼性などの面から、おすすめの3社をピックアップしました。

 

3日間で3Gの容量制限はあるものの、月間では通信料の上限なしで使える「ギガ放題プラン」での比較です。

 

3日間の3G(ギガバイト)の容量制限は「直近3日間の合計が3Gを超えたら」制限がかかります。次の日になり、直近3日の合計が3Gを超えてなければ、そこで普通に戻ります。

 

高いけど信頼性を重視するなら本家「UQコミュニケーション」

 

月額料金や2年間の総支払額は高いものの、やっぱり「回線を借りている会社じゃなくて、本家いい」という方は、UQココミュニケーションズ株式会社がおすすめです。

 

UQコミュニケーションはこちらから

 

UQコミュニケーションズ株式会社

 

ただし、月額料金や2年間での費用の総額は、ほかのサービス提供会社よりも高くなっていて、2年間の支払い総額は、10万円を超えています。(2年間で106,068円)

2016/09/28 現在

 

キャッシュバックの額を重視するなら「GMOとくとくBB」

 

キャッシュバックの額が2万円くらいの会社が多い中、33,000円と1番高額なのが、GMOインターネット株式会社が提供する「GMOとくとくBB」です。

 

GMOとくとくBBはこちらから

 

GMOとくとくBB

 

契約事務手数料や月額料金を合わせた2年間の総支払額は、10万円を超えますが、キャッシュバック分を引くと7万円台になります。

 

2年間総支払額 104,004円

 

→キャッシュバック33,000円を引くと

 

実質 71,004円

 


ただし、キャッシュバックを受け取るのが少し面倒なので、そこは、ちょっと注意が必要です

 

GMOとくとくモバイルでのキャッシュバックの受け取り方
  1. 契約して端末が届いたら、GMOとくとくモバイルから基本メールアドレスがもらえるので、それを忘れずに控えておく
  2. 端末を受けっ取った月を含めて11ヶ月目に、上記の基本メールアドレスに、キャッシュバックに関する案内メールが届く
  3. 案内メールに従い、振り込み先の口座の情報を返信する
  4. 返信があった翌月末に、キャッシュバックが振り込まれる

 

上記のような条件をクリアしないとキャッシュバックのお金はもらえないので、上手く手続きを進めても、実際にお金を手にするのは、約1年後ということになります。

2016/09/28 現在

 

月額料金の安さで選ぶなら「Broad WiMAX」

 

「あんまり面倒なことはしたくない]

 

「とにかく、すぐに使えて、安いほうがいい」

 

という方におすすめなのが、1ヶ月目〜3ヶ月目に、3,000円を切る月額料金が設定されている「Broad WiMAX」です。

 

Broad WiMAXはこちらから

 

ブロードワイマックス ぶろーどわいまっくす

 

Broad WiMAXは、月額料金が安くても、その分、初期費用が18,857円もするのがネックだったのですが、最近では、初期費用が無料になるキャンペーンを展開してるので、かなりお得な値段設定になっています。

 

ただし、初期費用を無料にするには、加入する時に、以下のオプションを申し込んでおくことが必須条件になっています。

 

・携帯安心サポート(月額300円)
・My Broadサポート(月額907円 2ヶ月間無料)

 

契約後、無料期間内に解約することも可能なので、要らない場合は、忘れずに解約しておくのがおすすめです。

 

端末は、送料無料で即日発送、東京の人は、秋葉原の店舗で受け取ることも可能なので、すぐにでも使いたい人には、おすすめになっています。

 

上記3社のWiMAXの月額料金などを表で比較

 

月額料金も、1ヶ月目〜3ヶ月目と4ヶ月以降では、変わってたりしてややこしいので、表にまとめてみました。

 

※赤字が最安値になってます。

 

項目 UQコミュニケーション GMOとくとくモバイル Broad WiMAX
初期費用 0円 0円 18,857円
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
キャンペーン 10,000円商品券 33,000円キャッシュバック 初期費用 0円キャンペーン
月額1ヶ月目 3,696円 3,609円 2,856円
月額2ヶ月目 3,696円 3,609円 2,856円
月額3ヶ月目 3,696円 4,263円 2,856円
月額4ヶ月〜24ヶ月 4,380円 4,263円 3,541円
2年間総額 106,068円 104,004円 104,786円
キャンペーンありの2年間総額 106,068円
+商品券1万円
74,004円
キャッシュバックで3万割引き
きちんと手続き出来てキャッシュバックは1年後
85,929円
初期費用0円で18,857円割引き
解約可能なオプション加入が条件

(2016/09/28 現在)

 

各社 解約の手続きは、どうなってる?

 

WiMAXは、携帯電話のように「2年縛りの契約」になっているので、2年以内に解約しようとすると契約解除料がかかってしまいます。

 

また、月額料金も25ヶ月目から上がるところが多いため、2年経った更新月に、ほかの会社への「乗り換え」を考える人が多いようです。

 

では、その際の「解約の手続き」は、どうなってるんでしょうか?

 

以下に、まとめてみました。

 

UQ WiMAXの解約手続き

UQお客様サポートセンターへ連絡するか、解約届を「UQコミュニケーションズ(株)登録センター宛」に送付する。

 

GMOとくとくモバイルのWiMAX解約手続き

「BBnavi」という会員専用サイト上で、25ヶ月目になると解約ボタンが表示されるので、そこから手続き。

 

2年以内に解約する場合は「WiMAX解約申請書」をダウンロードして印刷。必要事項を記入して、GMOインターネット株式会社まで送付することが必要になって来ます。

 

Broad WiMAXでの解約手続き

Broad サポートセンターに「解約専用ダイヤル」があるので、そちらに電話する。

 

2014年1月24日以前は、解約申請書の送付が必要だったが、今現在は、お客様情報を確認して、電話のみで解約手続きが出来るようになっています。